logo

fontsize

サービス案内

向日市南地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

高齢者が住み慣れた地域でいきいきとした生活が継続できるよう、高齢者の多様なニーズ・相談に対し、介護予防など必要なサービスを包括的・継続的に調整する地域の拠点となる機関です。 地域包括支援センターには、主任ケアマネジャー、保健師(または看護師)や社会福祉士などの専門職員が配置され、専門性を活かしながら高齢者への総合的な支援を行っています。

photo01

地域包括支援センターの主な役割

  1. 総合相談・支援

    高齢者の暮らしに関する相談に応じます。

  2. 権利擁護

    高齢者虐待の早期発見・虐待防止、成年後見制度の紹介、訪問販売等の消費者被害への対応など、高齢者の方々の権利を守るための支援を行います。

  3. 介護予防マネジメント

    介護認定で要支援1又は2と認定された方や介護予防が必要な高齢者が、できるだけ地域で自立した生活ができるよう支援します。

  4. 包括的・継続的ケアマネジメント

    ケアマネージャーの支援、医療・介護などの関係機関とのネットワークづくりなど、高齢者の方々が地域で暮らし続けられるよう、地域の連携や協力体制づくりに取り組みます。

どのようなことが相談できるの

地域包括支援センターは、高齢者の方々がいつまでも健やかに住み慣れた地域で暮らし続けられるよう支援するところです。

「介護サービスを受けたいけど、どうすればよいか分からない」
「近所のひとり暮らしの高齢者が心配だけど・・・」
「最近、足腰が弱ってきて不安」など、高齢者の暮らしに関することなら何でも相談できます。

目安となる担当地区

向日地区全域・鶏冠井地区全域・西向日地区全域・上植野地区全域

・相談は無料です。
・相談はどこの地域包括支援センターでもできます。
・ご希望に応じて、ご自宅に訪問することもできます。

  • 営業時間 9:00 ~ 17:00
  • 営業日 月曜日 ~ 土曜日 (年末年始12/29~1/3、祝日は休み)
  • 電話/FAX 075-921-0061 / 075-921-0065
  • 場所 向日市上植野町五ノ坪1番地の2(向陽苑内)